LED照明の現状

LED照明への置換状況

LED照明は白熱灯とは発光の原理が異なり、半導体中で電子エネルギーを直接光に変換しています。そのため発光効率がよく、小電力・長寿命・低発熱などの特徴を持ち省エネに貢献しています。省エネは世界的な要請のため、将来的には白熱灯は生産中止予定のメーカーもあり、LED照明の置き換え重要はますます高まると見込まれています。現在既存の照明からLED照明に置き換えが進んでいるのは、オフィスや店舗の直管型蛍光灯です。これらは設置本数が多く、寿命による定期的な交換費用がバカにならないからです。そのほか一般家庭では、円型蛍光灯からLEDシーリングへ交換が徐々に進んでいます。円型LED照明も存在しますが、工事の要否などの判断が難しくLEDシーリングが優勢な状況です。オフィス家具などを購入する事が出来るインターネットサイトなどでも数多くの商品が展開されているので、オフィスで使用するオフィス家具なども、ランニングコストを抑えるためにLED照明にしてみるのも良いでしょう。

直管型蛍光灯タイプの知識

LED照明の中で、直管型蛍光灯タイプには大きく2タイプがあります。交換の際に工事が必要なタイプと、工事不要のタイプです。蛍光灯は元来安定器を必要としますが、LED照明は不要です。したがって前者のタイプは、機器から安定器を取り去る工事が必要です。一方後者のタイプはLED照明内部に専用回路があるため、安定器を残したままで大丈夫なのです。ただし安定器には寿命があり自身も電力を消費するため、後者は省エネの点では前者に一歩譲ります。しかし前者は初期費用が多めにかかり、また賃貸物件では退去時に安定器を付け直す工事が必要になるケースもあります。使用期間と費用などをトータルで考えて、タイプを選択するのがベターです。使用する期間などはオフィスなどではとくに、働きやすい明るい空間とランニングコストを抑えるために、オフィス家具などで使用されているLED照明も設置しやすいタイプのものが人気となっているので、オフィス家具を購入する際も工事が不要なタイプのものと、必要な物を見極めて購入しましょう。